代表ごあいさつ

東日本で一番「頼れる」「話しやすい」「安心」なコンサルティング型土地家屋調査士法人を目指します。

経営統合のお知らせとご挨拶

土地家屋調査士法人共生ライズアクロスのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
土地家屋調査士法人共生は、代表の加藤が調査士として開業して21年目、法人化して11年目を迎える2019年2月15日をもちまして東京都渋谷区を拠点と司法書士法人を中核とするライズアクロスグループと経営を統合し、土地家屋調査士法人共生ライズアクロスに社名を変更いたしました。

2018年7月に共生グループ代表の加藤とライズアクロスグループ代表の高橋とは、人を介して出会いました。53才の加藤は、34才の高橋のエネルギー量と目標に向かって真っ直ぐな人柄に魅力を感じ、これからの時代の士企業の使命や経営の有り方を共に考えることをその場で申し入れ、法人設立からわずか2年で急成長を遂げている高橋は、加藤の人を思いやる経営に共感し、これからのAI、デジタルの時代に対応する専門サービスを時代が求めるスピードとスケール感を持って進めるためにも、人にやさしい企業作りを共に進めることを直ぐに決断致しました。

土地家屋調査士法人共生ライズアクロスは、従来どおり札幌の地に本拠を構えますが、東日本を中心に全国に展開を目指すライズアクロスグループ傘下の土地家屋調査士法人として、広いエリアに対応した専門サービスの提供を目指します。
また、同時期に同様にグループ傘下の司法書士法人ライズアクロス札幌支店を新設し、権利に関する登記はもちろんのこと、相続や事業承継などさまざまなサービスの拡充に努めます。

共生ライズアクロスは、お声をかけて頂ければ、真っ先に駆けつける専門家であることをお誓い申し上げます。スピードと安心の両方をお届けするために登記、測量スタッフともに気持ちを一つに致します。また登記測量に限らず、不動産経済活動のさまざまなシーンで必要なすべてのサービスを通じ地域で一番「頼れる」「話しやすい」「安心」なコンサルティング型サムライ企業を目指します。

共生ライズアクロスは、使命を共に出来る専門家のみなさまとのご縁を大切に致します。
これからもよろしくお願い申し上げます。
                                      
平成31年2月吉日
株式会社共生ライズアクロス
代表取締役会長 加藤 俊太郎
代表取締役社長 高橋 圭